人の精神や運に関係するパワーストーン、水晶

世界各地に自然に形成される石がありますが、その物質は様々な形や色、性質や効果があるのが特徴的です。加工の仕方で状態も変わっていきますから、無数のバリエーションを生み出していく事が可能となります。
別名をパワーストーンと呼びますが、2000年以降に入ってから大ヒットした物質ですが、加工してネックレスやブレスレット、置物やアートにまで使えるところも強みです。身につける事で精神的に前向きになる、服装と組み合わせて格好良さをアピールする様に利用する事もポイントとなります。
置物として特定の方角に設置したり、インテリアとセットで室内に置いておくと運気が上がったり、厄を跳ね退けるメリットもあります。しかし、そのような効果を成立させる場合には、石の種類や相性に気を使う事です。

水晶は万能の石、本物は見分けが難しい

水晶という天然の石全ての始まりである、基本的なパワーストーンが存在します。クリアで運気全般に関わる特殊な物質ですが、身につけたり室内に設置するだけで、悪いエネルギーを吸収して、相殺させる働きかけもありますから、使用しても損はしないアイテムとなります。
水晶は微弱に振動しており、空気を綺麗にする作用が化学的に証明されている存在です。ガラスとそっくりで見分けが付きにくいところが難点でもあります。傷も内包物がない綺麗な水晶が欲しいなら、専門家が鑑定して証明書が付属された物を選ぶ必要があります。
偽物と本物を区別するのは比較的、難しく何の傷もなく、不純物も混雑していないクリアな水晶は貴重です。そう簡単には大きい物は採掘出来ないですから、水晶の丸玉は偽物が殆どとなります。

水晶の効果を高める有効な手段の一例

大きめの美麗な水晶は手に入れにくいですが、クラックや不純物が混ざった物質ならたくさんあります。値段も安めですから、予算に問題がある場合、もしくは偽物に当たりたくないならクラックや不純物が混雑した水晶を選ぶべきです。
水晶は常に透明であり、若干は発光しています。その光(性質)は場の空気を浄化しますが、良いエネルギーも良くない気も吸収しやすい傾向にあります。一度、悪い気を吸収してしまうと効果が薄れていきますから、定期的に浄化すべきです。
浄化とは平たく言うと清潔にして元通りの状態にする事を指します。水晶はデリケートなところがありますから、発光しなくなってきたら半日以上は日光にあてるやり方が、最も有効な浄化方法です。水と洗剤で洗浄した後に日光に当てると再び発光しやすくなります。